2013.3.24にボンゴフレンディからコンパスに乗り換えます! 4年3ヶ月、有難う!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京キャンピングカーフェア2011

2011年を締めくくる、都内最大級のキャンピングカーイベント「東京キャンピングカーフェア2011」へ行って来ました。
今年のキャッチフレーズは、「食・寝・遊・備(くうねるあそび)」。
111112_1.jpg
初代、日産セフィーロのキャッチみたいデス。 あれは「食う寝る遊ぶ」でしたね

昨年迄のタイトルは、「東京お台場くるま旅パラダイス」でしたが、今回から「フェア」に変わりました。
モーターショーの様に観せるだけではなく、ここで販売するのも目的なのですから、タイトルの後ろに「inお台場商談会」とつけたのでしょう。
毎年2月に幕張で開催の「ジャパンキャンピングカーショー」もタイトルが変わるのかな?

そんな事もあるかのように開催場所はここ数年変わりませんが出展車両が多くなり、今回は過去最大、180台の車両が出展されたそうです。

今回も私の気になった車両だけ載せています。
では、どうぞ。
昨日までの雨と寒さとは打って変わって、今日はとっても暖かでした。
女性でも朝から半袖になって動いているくらいの陽気でした。

まず、始めは、最近新登場した「キャンピングカー広島」の“ピコ”。
111112_2.jpg 111112.jpg

前に出た“Pop.com”はNV200ベースですが、こちらはタウンエースがベースとなるポップアップです。
111112_3.jpg 111112_4.jpg
このシート、簡単にスウィングしてベッド展開が可能です。
このビルダーで10年前から特許申請をしていてやっと申請が通り、このクルマから採用していく予定だそうです。

次は「アムクラフト」。 今回は5車種の出展でした。
まずは初お目見えの“希望~HOPE~”。
111112_5.jpg 111112_6.jpg
10人乗り、3ナンバーになります。
111112_7.jpg 111112_8.jpg
インテリアはシンプルでギャレーはありませんが、ベッド下にシャワーは付いており、右の窓からシャワーを出して使用する方式です。
他は、7インチ液晶テレビが付属されています。
私のような車中泊メインだが、ギャレー等、キャンピングカーし過ぎるのが苦手という方向けです。
因みに今回展示のシート色はピンク(メイン色)ですが、他にはグレー系も用意されるそうです。
価格は358万円~。
アムクラフト製にしては価格を安く設定しています。

続いての新型車は“ドルクポップアップ”。
111112_9.jpg 111112_10.jpgついにドルクにポップアップルーフが付いたモデルが登場しました!

アムの最後は“VOXYポップアップ”。
111112_11.jpg 111112_13.jpg
2列目シートは回転対座式が出来ます。 
111112_12.jpg 111112_14.jpg
もう1台、コンパスも展示していましたが、インテリアの小変更だけでしたので、今回は割愛致します。

次は「ANNEX(アネックス)」。 ファミリーワゴン2タイプの展示です。
111112_15.jpg
上がポップアップ付の「ファミリーワゴンS」、下は「ファミリーワゴン」。
111112_16.jpg 111112_18.jpg
私たちの使い勝手で云えば、右のノーマルタイプが理想です。 スタッフに確認したら、この仕様でポップアップタイプも出来るそうです。
111112_17.jpg 111112_19.jpg
但し、シートの高さをあと5cmほど上げられたら、かなり理想に近くなるので、上げられるか訊ねてみたら、出来なくはないが、料金的にかなり割高となってしまうそうです。(残念デス)

そして、お次は「ホワイトハウス」。ホンダの各車両にポップアップを装備する、老舗ビルダーです。
111112_20.jpg 111112_21.jpg
ポップアップルーフの生地の色が変わったかな?
フリードベースのこのモデル、ハイブリッドタイプにも付けて出したらもっと、売れるかもしれません。
111112_22.jpg 111112_23.jpg

お次は、「Tet's RV」の“しろくまくん”。 家庭用エアコン搭載で、右サイドは室外機用の排気パネルが付いています。
111112_24.jpg 111112_27.jpg
付いているエアコンは車名とは違うメーカーですが、可愛い名称なので良しとしましょう。
111112_25.jpg 111112_26.jpg
暑がりの私にとって、羨ましい装備です。 シンプルなインテリアも良いと思います!

次は、今一番のお気に入り、「ケイ・ワークス」の“オーロラ スタークルーズ”。豪華ですが、一見、シンプルに感じるところが魅力です。
こちらのトランポタイプの内装で充分だと思っていますが、これを見てしまうとまた悩んでしまいます。
111112_28.jpg 111112_29.jpg
右のスライドドアもあり、これも私の評価を高くしています。
111112_30.jpg 111112_31.jpg

左は「キャンピングカー オーゼット」の“グランドバケーション490Ⅱ”。
フロントに付いているのはBBQグリル。 当たり前ですが、このままでの使用は危険なので出来ません。
111112_32.jpg 111112_36.jpg
2列目シートが一番後方までスライドでき、その時、半分近くまで外に飛び出せます。

左は「ドリームエーティー」の“ウォーク ミドルキャンパー”。\386万円~。
右はカトーモーターで販売ののリアゲートタープ。\41,790します。高いかどうかはあなた次第!
111112_34.jpg  111112_33.jpg


フィールドライフ」の“トライキャンパー”。
とうとうサンバーの生産が終了してしまったので、残りわずかで姿を消してしまいます。
私が始めてキャンピングカーに興味を持ったのもこのクルマからでした。
軽キャンパーの魁として、約20年もの長きに渡り牽引してくれました。
これからは、エブリィベースの“ココワゴン”や“コング”が歴史を作ってくれると思います。
111112_35.jpg 111112_38.jpg
111112_37.jpg 111112_39.jpg

最後に「リンエイプロダクト」から、面白いのが参考出展されていました。
111112_40.jpg 111112_41.jpg
名前は“アドベンチャー軽トラック”。タイヤがスゴイです!

他にもたくさんの車両やビルダーが出展していましたが、今回、RVランドがこの様なイベントに初出展されていました。
茨城県坂東市にある展示場へ何度かお邪魔した事があり、その時は「イベントには出展しない」と云われていましたが、今回から方針変更したそうです。
キャンピングカーが売れているとはいえ、やはり、独自でしているよりもこの様なイベントに出した方が、始めて来られるお客さんにも知名度が上がると思うし、そこまで行くのも気が引ける場合もありので、私個人的には助かります。
(出展料等はかなりかかるとは聞いていますが)

冒頭にも書きましたが、今回のこのイベントはこの数年で一番暖かで、とても観やすかったです。
出来れば、10月に開催して欲しいです。

これでまた、色々な良い点等が探せたので、その部分を上手く利用してボンちゃんや将来的に乗り換える車の参考と致します。

ここを見てくださっている方で、キャンピングカー購入をお考えの方に各ビルダーから聞いた話しを記します。
・早ければ来年、法律の改正により、FASPシート系の取り付けは認められなくなる。
・最近の各社は“断熱”を謳っているが、正直、極端な温度差は無い。
本当に断熱が効くのであれば、レクサスのような高級車にとっくに採用されている。
・材料の高騰により、価格が上がる可能性あり。
以上、ご参考まで。
長文、失礼しました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ボン助(3.24より「かず」に改正します。)

Author:ボン助(3.24より「かず」に改正します。)
フレンディの「ボンちゃん」と、日々の出来事をブログにしています。

カテゴリ
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
最新コメント
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。